トップ

不妊と生理不順の関係

不妊とは一体どんな状態?

妊娠を妨げる障害について

子供が欲しいけれど、なかなか妊娠できないカップルにとって、自分たちの状態は果たして不妊なのかどうか、とても心配になると思います。不妊にお悩みならこちらを参考にしてください。

不妊とは妊娠を希望し、1年間、避妊せずに性生活を送っていても妊娠できない場合を言います。では、不妊症の場合は具体的にどのようなことが原因となっているのでしょうか?

不妊症は何らかの明らかな原因が元となって引き起こされるものではありません。実際に、痛みがあったり、検査で原因がわかるということがない上に、卵子と精子に問題なくても妊娠できない場合も非常に多いのです。

しかし、原因ははっきりしなくても、不妊は妊娠するまでの過程のどこかに何らかの障害があるから起こると考えられています。不妊症の原因になると考えられる障害は、排卵障害、ピックアップ障害、受精障害、卵管障害、着床障害といったものが考えられます。

排卵障害は、排卵自体に障害がある、つまり排卵因子がある場合で、月経はあるのに排卵だけがない場合や、月経も排卵もない場合などがあります。

ピックアップ障害は、排卵がされても、卵管采という卵管に卵子を送り出す器官が上手くはたらかないために、卵管まで卵子がたどり着けない場合をいいます。

受精障害は、卵子にも精子にも問題がないのにも関わらず、受精が上手くできない場合をいい、原因究明には体外受精をする必要があります。

卵管障害は、卵管に異常がある場合などで、卵管に炎症が起きていたり、卵管が詰まってしまったりしている場合をいいます。

着床障害は、受精卵が子宮内膜に着床する際に何らかの原因があって着床できないことをいいます。

このように様々な要因が単独、または複数、不妊には関わってきていますが、不妊に関わる障害を明らかにしていくことで、妊娠することは可能です。

Copyright © 不妊とは一体どんな状態?. All rights reserved.